不妊症でお悩みの方へ

ご存知ですか?不妊治療に鍼灸を取り入れることで妊娠する確率がグーンとアップするのです。

不妊症の鍼灸治療

現在、不妊でお悩みのご夫婦の方の割合は全国で10組に1組、都市では7組に1組と言われています。実に200万人を超える人が不妊症で悩んでいらっしゃいます。

そのうち、病院で治療を行っている人は約20人に1人です。

病院での治療では、ホルモン療法・タイミング法・人工授精・体外授精・顕微授精など、多くの方法がありますが、いずれの方法も莫大なお金と時間がかかり本当に負担が大きいです。そしてそれがストレスになってしまうことも多いです。不妊症にはストレスがいけないのですが・・・

でも、大丈夫!そんなストレスも鍼灸治療で軽減できます。せっかく大切なお金と時間をかけるなら、効果的に希望を叶えるために、大田区のリズム鍼灸治療院で鍼灸治療を取り入れてみませんか。

もともと不妊治療自体がとても確率の低い治療ということになりますが、確率が低い中で不妊治療を進めていくよりも、鍼灸治療を取り入れることによって少しでも確率を上げることができれば、妊娠する可能性が大きく広がります。

是非、現在の受けている治療に大田区「リズム鍼灸治療院」の鍼灸治療を取り入れてみてください!

不妊と冷え

鍼灸での不妊治療は「冷えを改善する」ことが大変重要になります。

不妊治療を続けているけどなかなか妊娠しないという方の多くは冷えが原因と考えられます。しかし、意外と本人は冷えを自覚していなくて、お話を聞いてみると身体を冷やすようなことをされている方が多いです。

以下のようなことが思い当たりませんか?
  • 冷たい飲み物を良く飲む
  • 甘い物やお菓子が大好き
  • ファストフードやコンビニ食が多い
  • 素足にサンダル履きでおなかを出したファッション
  • 運動不足
  • 湯船につからない
  • 気が付くとスマホばかりいじっている

これらはすべて身体を冷やしてしまう行為です。

実際に不妊症の方が訴える症状は・・・・

頭痛・肩こり・腰痛・足のだるさ・むくみ・疲れやすい・血行不良・免疫力低下・生理痛・生理不順など、これらの不調のほとんどは「冷え」が原因と言っても良いでしょう。

冷えは妊娠しにくい身体を作る大きな原因のひとつです。

不妊症にはこれまでの生活習慣の乱れ、不規則な食事、精神的ストレスなどによって乱れてしまった自律神経を整えて冷えを改善し、妊娠しやすいからだを作ることが第一です!

鍼灸治療により自律神経のバランスを整えることで、血行を良くしたり、代謝を高めたりして冷えを改善し、からだを妊娠しやすい状態にすることができます。いわば体質改善には最適な治療です。

ただし、治療だけしていればいいということはありません。それだけでは妊娠に結び付くことはありません。一番大切なのは生活習慣の見直しです。もしあなたが日常生活の中で冷えを作る原因を作っているとしたら、まずはそれを改善することから始めてください。その為のアドバイスはさせていただきます。時には厳しい事も言うかもしれませんが、少しでも確率を上げるためだと思ってください。

不妊治療は他の治療と異なり「だいぶ良くなりました」とか「だいたい治りました」というのはありません。0か100かの世界です。結果が全てです。そしてその結果を得るチャンスは年に数回と限られています。そのチャンスを無駄にしないためにも今一度ご自分の生活習慣を見つめ直して最高のコンディションで治療に臨んでください。

不妊とストレス

不妊で悩む方はとても精神的に敏感になっているため、ちょっとした人の言葉に傷ついてしまったり、街を歩くと妊婦さんばかりが目につき、「なぜ自分にはできないのか・・・?」と焦ってしまい、自分を責めて落ち込んでしまう、ということもよくあるようです。
また、せっかく妊娠しても流産してしまうというつらい現実もあります。
(全妊娠の15%、初期では3人に1人という高い確率です)

先の見えないトンネルの中を走っているようで、本当に精神的負担が大きく、毎日がイライラするストレスの日々だと思います。

そして、そのイライラは夫婦間の問題にも繋がることがあります。治療を続けていくうちにお互いの意見がだんだん合わなくなってきたり、しなくてもいい喧嘩をしてしまったり・・・

そんなふうにストレスを抱えたままではますます体温が下がり、身体の機能が正しく働くことができず良い結果が得られません。そんな状態が長期になればなるほど負担は大きくなってしまいますね。

でも、大丈夫です!大田区のリズム鍼灸治療院で凝り固まった心と身体をほぐし妊娠しやすい体にしていきましょう!

あきらめないでください!

不妊症の原因はさまざまです。女性側に何か器質的な原因がある場合、男性側に乏精子症・精子無力症などの原因がある場合。または、特に原因が見つからない場合もあるでしょう。
鍼灸治療は、その原因に直接働きかけるわけではなく、その人の身体の中で今が起こっているのか?何を必要としているのか?を探り、本来の身体の機能が十分に発揮できるように根本から改善を促し、健康状態を作る治療です。

部分的ではなく、心と身体全体のケアをするのが鍼灸治療の最大の特徴なのです。

現在、46万6,900人程度の方が病院でなんらかの不妊治療を受けていらっしゃいます。そして、その治療に掛かる平均治療費は146万円、期間は25ヵ月で65人に1人の割合で成功しています。

しかし、成功した人と同じくらいの人が諦めて治療をやめてしまっています。あと少しのサポートがあれば、可能性があったのにと思うととても残念ですね。

今からでも遅くはありません。鍼灸治療で妊娠しやすい身体を作り、赤ちゃんのために温かくてふかふかなベッドを用意出来るように一緒に頑張りましょう!

大田区のリズム鍼灸治療院は、貴女が明るく希望に向かって進めるように全力でサポートさせていただきます。

※不妊治療は体質改善のため定期的な治療が必要となります。

妊娠中も・・・

努力の甲斐あって、めでたくご懐妊!
でも、妊娠中のつわり、悪租、倦怠感、頭痛、または腰痛など、今まで経験しなかった不具合が生じてきます。そして、妊娠中毒症や逆子の心配などもありますね。

胎児の成長と共に急激に変化する母体。今までと違う感覚に戸惑います。

妊娠中はお薬などもなかなか使えませんので、結局、つらくても我慢するしかないということが多いですよね。でも、つわりなどで食事がうまく摂れないと、赤ちゃんに十分な栄養がいかないという場合もあります。

でも、大丈夫!
大田区のリズム鍼灸治療院なら、そんな妊娠中のつらさを軽減することができますよ。

しかも、副作用もなく安全にその方の症状に合わせた細やかな治療ができます。

どうぞ、妊娠中も鍼灸治療を取り入れて、なんとも言えないつらさを忘れ妊娠の喜びに浸り、心穏やかに赤ちゃんをお迎えしましょう。

※その方の体調や症状によっては安定期まで治療を行わない場合もあります。

お母さんになっても・・・

最近、産婦人科で問題となっているのは「赤ちゃん」ではなく「青ちゃん」だそうです。

お母さんが低体温で「陽の気」が弱い場合、赤ちゃんに十分な栄養やパワーを与えることができないため、おっぱいを吸う力も弱く、泣き声も小さく真っ赤にならない、いわゆる虚弱体質な赤ちゃん(青ちゃん)になってしまいます。

低体温のお母さんは、出産という大仕事をした後の回復も遅く、なかなか疲れが取れないまま子育てをしなくてはいけません。これはとてもは大変なことですね。
こういう場合は、お母さんの基礎体温を上げ代謝をアップして根本的な底力を付けることが大切です。

身体を思うように動かせて日々を快適に過ごすには、バランスの良い食事と適度な運動と睡眠が必要です。そして「冷えない身体」を維持することが健康への条件です。

いつまでも、はつらつ元気なお母さんでいてほしいから、お母さんになってもメンテナンスの為に定期的に大田区のリズム鍼灸治療院で治療を受けることがおすすめです!